がん検診の注意点について

がん検診を受けるときには、どんな点に注意したらいいでしょうか?一つは、がん検診の前日、そして当日の注意事項を確認しておくことです。


検診の前日と当日で、それぞれ行っていいことと、行ってはいけないものがあります。



それらをあらかじめ確認しておくのは良いことです。

まず検診の前日ですが、食事は、夜10時以降は食べないようにしなければなりません。
仮に夜10時前までの食事であっても、食べてすぐに就寝しないようにすることです。

理由は胃に食べ物が残るためであり、検診の際に支障になります。

また、検診の前日はお酒は飲まないようにしましょう。



そしてタバコについても、検診前は控えるようにしましょう。
さて、検診当日の注意事項は次のようなものです。すなわち、検査が終わるまで何も飲まないこと、食べないこと、タバコも吸わないことです。


検査前日の注意事項と似ていますが、それぞれ区別して確認しておきましょう。



さて、がん検診を受けるときは、検診を受けるメリットとデメリットについても考えておかなければなりません。

がん検診のメリットには、癌の早期発見ができること、癌以外の病気が見つかる可能性もあること、検診を受けることで安心感が得られることなどです。

一方デメリットには、検査技術が絶対ではないこと、体に負担となる検査もあること、検査に伴う偶発症もあるということです。

これらの点は、実際に検診を行う前にチェックしておくようにしましょう。